2007年 04月 20日

通勤快速号の修理

通勤快速号の修理をしました。
ブログを始めてから初めてのバイクネタです。

カングー(四輪)とバイク(二輪)ジャイロキャノピー(三輪)合わせて9輪で
Q輪生活とシャレでブログを始めたのですが、春で暖かくなったので
バイクネタを書き込んだわけでは無いんです。
実は通勤に使っているバイク(スクーター)が故障してバイクネタになったわけなんです。

私の通勤快速号はHONDA DIOで、すべてもらい物(フレーム、エンジン等)で作りました。
自分でかなり改造してありまして。エンジンを50ccからリード90の90ccエンジンに改装して
二種登録してあり、フロントサスをDIO ZX用のサスに交換、ZX用のキャブに交換
バイク用のステップを付け、ライトをHID化してあります。そしてわざと大きな買い物カゴが
付いたオバちゃん仕様のDIOチェスト用の汚いカウルを付けています (笑)
この格好で若い子のスクーターをぶち抜くと気持ち良い~(悪趣味ですが)
加速重視の町乗り仕様で70キロまでの加速は結構早いです、最高速は80キロぐらいで
最高速重視のセッテッイングで90キロぐらいです(なにしろ相当古いエンジンですので)
f0126823_0124424.jpg

で、今回の故障なんですが、マフラー(2ストですので正確にはチャンバー)のステーが
折れてしまい、排気口のチャンバーの取り付け部の一部も折れてしまっていました。
じつはこのチャンバーも純正のチャンバーが腐ってしまったので、DIOのチャンバーを
加工して付けたのですが、私の溶接が悪かったのか振動で溶接が外れたようです。
しかも、空冷ファンのカバーまで溶けてしまいました。ま~溶接は二年持ちましたが。
f0126823_22214788.jpg

エンジン部分のカバーをはずしたところ(スクーターのカバーをはずすのは結構大変です)
f0126823_22271531.jpg

排気口のチャンバー取り付けボルトの左側が折れています。
f0126823_2228355.jpg

半自動の溶接機で溶接します(溶接用の部材の針金が自動的に出てきます)
f0126823_223677.jpg

排気口部分の溶接(相変わらず汚い溶接です。なんせ素人なもんで!)
f0126823_223712.jpg

チャンバーのステーの溶接(今度は何年もつのか?)
f0126823_22383640.jpg

溶接が終わったら耐熱のブラック塗量でチャンバーを塗ります。
f0126823_2239239.jpg

排気口に液体ガスケットを塗り新品のガスケット付けチャンバーを取り付けます
f0126823_916449.jpg

最後に元通りにカウルをつけて完成です。
f0126823_22402333.jpg

エンジンをかけて排気漏れや、どこか干渉しているところが無いか確認して修理完了です。
エンジンをかけて走行してみたところ、今まで通り走ったのでほっとしました。
[PR]

by low-tomy | 2007-04-20 22:57 | 二輪車


<< 播州姫路カフェBBQ      小ネタ集その① >>