2007年 07月 21日

フォグライトが点灯しない

一月ほど前からどうもフォグライトが点灯しないので、おかしいなと思って先日点検したところ
フォグライトの取り付け端子が溶けて接触不良を起こしていました。

最初は左右どちらも点灯しないので、ヒューズが切れたのかと思って、ヒューズボックスを
あけてみましたがヒューズは切れていませんでした。

もしかして接触不良かと思いフォグの配線をはずしたところ、端子が溶けていました。
球を入れるプラスチック端子とボディから出ているワイヤー端子の両方が溶けていました。

車体の底についているカバーをはずしてフォグライトの裏から球と端子をはずします。
f0126823_19243025.jpg

車体側のワイヤーハーネスのコネクターが溶けています。
f0126823_19274493.jpg

球の付いているプラッスチック側も溶けています。
f0126823_19303387.jpg

早速ルノーサテライトサービス岸和田に持って行き説明して溶けている事を確認してもらい
クレームで交換してもらう事になりました。カングーでは結構この接触不良があるそうです。

ついでにラジエターのアッパーホースから少し冷却水が漏れていたので、ホースの
バンドも交換してもらえる事になりました。

今日、ルノーサテライトサービス岸和田で無事に交換作業は終わり、フォグライトも
ちゃんと点灯するようになりました。ラジエターのアッパーホースからの水漏れも
最初はホースバンドだけ交換と言っていたものがホースも交換してくれました。

交換してもらったアッパーホースとホースバンド
f0126823_20301270.jpg

場所は違いますがカシメタイプのホースバンドの写真です
f0126823_20303750.jpg

ホースバンドは最初のカシメるタイプからねじ込んで止めるタイプに交換でした
これで冷却水の漏れも止まってバッチリです。
ルノーサテライトサービス岸和田のメカニックさんありがとうございました。
[PR]

by low-tomy | 2007-07-21 19:47 | カングー整備&モディファイ


<< CDM & ニューミニ試乗      名阪走行会 >>