カングーとQ輪な生活

low103.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 16日

四輪アライメント再調整

今日は先日途中で中止になったパサートの四輪アライメントの再調整に行ってきました。

ディーラーでタイロッドのナットを緩めてもらったものの、左しか緩まず
ちゃんとアライメントの調整ができるのかと不安でしたが行くことにしました。
f0126823_0224998.jpg

再調整に河内長野のトヨタ共販で、ディーラーでも右のタイロッドのナットが
緩まなかった事を説明して調整に入ってもらったところ、やっぱり右は調整
できないので、左側だけで調整する事に。

f0126823_0242680.jpg

でも左だけで調整するとステアリングが、右側にずれてしまう可能性があるかも
知れないので、その時はディーラーに行って、ステアリングのセンターを調整して
くださいとの事でした。
調整前のアライメントの測定値(赤字が規定値外)
f0126823_00553.jpg

調整後のアライメントの測定値(フロントキャンパーが規定値外)
f0126823_002162.jpg

で、結果はちゃんと基準内にアライメントの調整が無事にできました。
フロントのキャンパーは基準値を少し外れていますが、車高を少し下げていますので
仕方の無いところです。

帰りに運転してみてステアリングが変に右にずれている感じは無く、念のために
ディーラーにもって行って見てもらってもステアリングに異常はなくて一安心。

いつもお世話になっているディーラーのメカさんと、アライメントについて少し話を
したのですが、このメカさんは以前アウディのアライメントの調整に関東の輸入センター
まで行って、四輪アライメントの一番高性能の機械で調整しても、きっちりと調整しきれ
無かった経験があるそうです。

この機械は走行中の車高調整を二段階までできるらしいのですが、それでもだめだそうで、
一応の目安でしかないそうです。

アウディ車などは走行中は確実に車高が1㎝は下がるそうで、それをテスターで再現するのは
限界があるそうです、そういうことでキャンパーは規定値より少しくらいマイナスになっていても
かえってコーナーリングが良くなっていいのではないかとの見解でした。

そういう事でこれで次のタイヤ交換まで安心して車に乗れるようになりました。


おまけの報告というか、前回アライメント調整のため車をリフトで上げたときに
右のマフラーの少し前のパイプの溶接場所より排気が少しもっているのを発見
ディーラーで漏れをふさいで止めてもらいました。
f0126823_0204955.jpg

[PR]

by low-tomy | 2007-12-16 00:27 | その他


<< 新車が納車されました。      四輪アライメント >>