2008年 08月 03日

モトコンポで走ろう

モトコンポってバイクを御存じでしょうか、知ってる人は知ってる
知らない人は全く知らない昔のバイクっていうかスクターなんです

1981年 にホンダから発売された4輪車に搭載可能な折りたたみ
機構を備えたトランクバイク、乗用車のシティと同時に発売された
小型のスクーターなんですね。
f0126823_17141023.jpgf0126823_17145374.jpg
当時のデーターは
エンジン種類 空冷2サイクル単気筒
排気量 49cm3
最高出力 2.5PS / 5,000rpm
車両重量 42kg
フレーム形式 バックボーン
サスペンション(前) テレスコピック (片方にスプリングがはいってるだけ)
サスペンション(後) ユニットスイング
ブレーキ(前)ドラム (後)ドラム
価格(当時) \80,000

でっ、私このモトコンポを持っているのですが、 そこは私のこと
ノーマルでは乗っていません(笑) 
だってノーマルは時速30キロしか出なくてめっちゃ遅いもん。
そこでフロントサスとエンジンを現代の? スクーターに交換して
乗ってます(ホンダDIO50cc 6,5馬力)
元の馬力が2,4馬力なので出力は2.6倍がっていますし
ホイールベースが短いので、すぐウイリーする危険な乗り物
です(笑)
f0126823_17195054.jpg

このモトコンホの改造を紹介するのは、またの機会にしますが、
長いこと乗ってなかったので、エンジンがかかりません。
そこで今日は乗れるように整備をしました。

外装のカウルを外して整備します (めっちゃきたな~い)
f0126823_17242489.jpg

プラグには火花がちゃんと飛んでいたので、
たぶんキャブレターの詰まりだと思われます。
そこでキャブを外して清掃します。
f0126823_17272657.jpg

まずスロットルケーブルをバルブごと外します。
f0126823_17282240.jpg

キャブの内部はかなり汚れてました(写真がピンボケです)
f0126823_17294555.jpg

f0126823_17301679.jpg

今回はコンプレッサーのエアーは使わずに
油をとるクリーナーでキャブ内のジェットの詰まりを清掃
f0126823_17305114.jpg

キャブを元通りに組み付けたら無事にエンジンがかかりました。
f0126823_1732259.jpg

完成後ワークスと一緒に並べてみました。
f0126823_1746518.jpg

もう1台あるkwasaki KSRⅡ(80cc)も一緒に並べてみました。
f0126823_17492086.jpg

でっ、モトコンポで走ろうとタイトルに書いたんですけど
どこに走ったかと言いますと、ルノー岸和田なんです

先日から預けていたカングーの引き取りに行ったわけですね。
あいにくルノー岸和田での写真は撮り忘れましたけど、
このモトコンポだとリアのシートも倒さずに積めるんですわ。
f0126823_17573938.jpg
f0126823_17582142.jpg

という事でホンダシティに乗せるために発売されたモトコンポは
今はルノーカングーに乗ってるってわけです。
[PR]

by low-tomy | 2008-08-03 18:04 | 二輪車


<< カングーのFブレーキ新調です      足周りの再交換 >>