2008年 09月 13日

ジャイロキャノピー(三輪車)の整備

今までネタはありながら、なかなかUPする機会がなくて
三輪車の記事を書いてなかったのですが、今回やっとUPです。
内容は約一年ほど前の作業です。

うちの三輪車ホンダジャイロキャノピーです。
はい、ピザの配達などでおなじみの車ですね。
f0126823_2248467.jpg

フロントブレーキは本来ドラムなんですが、自分でディスクに
改造して付けています。それ以外は今のところノーマルです。
f0126823_2249094.jpg

買えば50万円くらいするのですが、動かないからいらない
と言うお弁当屋さんから菓子折り一つでいただいてきました。
ジャイロxという屋根のないのもいただきました。

不動車なので自分で動くように直したのですが、部品の購入なんかで
結構かかりましたが一応動くようになりました。
 
それから二年ほど乗って無かったのですが、乗ろうと思って
エンジンをかけると動きません。いろいろ調べてみると、
原因はオイルポンプのシールの故障で、2サイクルのオイルが
全部クランク室に落ちてしまって、ウオーターハンマーならぬ
オイルハンマーになってしまい、クラッキングしません。

オイルポンプ内のシールなので、シール単体の部品が出ないので
結局ポンプを新品に交換する事になりました。

オイルポンプを交換する作業は大変で、あっちこっちの部品を
外さないと交換作業ができません。

とりあえずエンジンの周りに付いているカバー類を外します。
f0126823_23155192.jpg

次にタイヤを外すためにジャッキをかけます。
f0126823_23172439.jpg

タイヤを外した後はチャンバーを外します。
f0126823_23223524.jpg

チャンバーを外さないとオイルポンプの交換ができません
まずエキゾーストの取り付け部分を外します。
f0126823_23225517.jpg

チャンバーは2分割になっているので下側の接続部分も
外します。
f0126823_2323991.jpg

チャンバーが外れました。
f0126823_23294958.jpg

左が新品のオイルポンプ、右が外した古いポンプです。
f0126823_2333308.jpg

チャンバーの根元にあるポンプ取り付け部分に、新しいオイルポンプを
付けるのですが、その前に大事な作業をしなくてはなりません。

エンジンの中にたまっている2サイクルオイルを全部先に排出して
おかないといけません。
エンジン内部にガソリンを入れて洗い、灯油を入れるポンプで
全部吸い出します。
そして新しいポンプを押しこんで取り付け作業は完了です。
後はチャンバーを取り付けて、エンジンがかかるか確認です。

無事にエンジンがかかったので、外した部品を全部元通りに組み込んで
完成でした。
f0126823_2347246.jpg

これで雨の日でもお出かけできます(笑)
[PR]

by low-tomy | 2008-09-13 23:49 | 三輪車


<< 第18回諏訪リンクス走行会      CLIP愛車診断 >>