カングーとQ輪な生活

low103.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:カングー整備&モディファイ( 26 )


2007年 09月 24日

えらいもん踏んでもた~

今日は久しぶりにえらい目にあいましたわ!
S改7さんと一緒に私のカングーに乗ってベルさんの近所の工具屋さんに行く途中の
ことでした。
調子よく走っていると何か変な音が。ペタ、ペタ、ペタと足元から音がしてるとS改7さんが
気がつき最初はパンクかなと思ってハンドルを軽く左右に切るも、変なハンドルのとられ
もないし、なんだろう何か車の下に巻き込んだのかと車を止めたら、えらいもん踏んでました。

な、なんと大きなボルトがフロント左タイヤに刺さってる~。
f0126823_2325992.jpg
f0126823_2343349.jpg

ここであわててタイヤからボルトを抜いたら、空気が抜けて走れなくなるので
慎重に走りながらとりあえず工具屋さんに行くことにしました。

工具を買ってからベルさんに電話して、近所のイズミヤでベルさん、S改7さんと私の
三人でCDM(お昼過ぎてたのでほんとは朝のお茶会ではありませんが)をしました。
ベルさんの高野山ドライブの話などを聞きながら一時間ほどお茶して解散。

帰りにもう一軒工具屋さんによって、S改7さんのガレージに向かいます。
S改7さんのガレージでパンク修理をすることに。

S改7さんのガレージ(冬場はお酒がいっぱい入ります)
f0126823_23155865.jpg

その横でつながっているガレージ(夏場は蛍が飛び交い食事会も行われます)
f0126823_2316931.jpg


まずはジャッキアップしてタイヤをはずします。
f0126823_2321952.jpg

はずしたタイヤからボルトをゆっくり抜きます。(6ミリぐらいあのそうな太いボルト)
f0126823_23221956.jpg

はずしたボルトはどうも車のマッドフラップを止めるボルトのようです。
f0126823_23231937.jpg

パンク修理の道具をセットするS改7さん
f0126823_23245688.jpg

あらかじめ穴にパンク修理剤を塗りこんでから、穴をふさぐ材料をタイヤの穴に
差し込みます。
f0126823_23251750.jpg

差し込んだだら、ガイドの棒を引き抜きます。
f0126823_23253454.jpg

余分な材料を切り取ります。
f0126823_23255271.jpg

タイヤから空気が漏れてこないかタライに水を張ってエア漏れチェック。
f0126823_23262613.jpg

エア漏れも無かったのでタイヤを車に組み付けます。
f0126823_23294360.jpg

念のために修理したタイヤはリアにつけます。
f0126823_2330010.jpg

以上チューブレスタイヤのパンク修理の仕方でした (笑)
ほんとはタイヤをホイールからはずして、タイヤの内側から修理するほうが
いいのでしょうが、ま~いいかな。

いや~、今日はえらい目にあいました、S改7さんと一緒で助かりました。
パンク修理剤は走行したほうが、穴に密着すると聞いたので帰りにチェックしながら
走りましたが異常なしでした、帰ってからもタイヤをチェックしましたがエア漏れもなく
大丈夫でした。

しかし釘ではなくあんな大きなボルトを踏むとは思いませんでした。
パンク修理したのたぶん18年ぶりぐらいだと思います、当時乗っていた
Z32以来の出来事でした。
パンク修理をしていただいたS改7さん、どうもありがとうございました。
[PR]

by low-tomy | 2007-09-24 23:58 | カングー整備&モディファイ
2007年 09月 23日

ETCの再取り付け

カングーのETCの取り付け場所を変更しました
今までプレオの記事ばっかりでしたが、久々のカングーネタです(笑)
以前からカングーには自分でETCをつけていたのですが、場所が遠くて不便なので
付け直すことにしました。
f0126823_141454100.jpg

私はタバコは吸いますが、この灰皿は使わないのでこの灰皿を加工して付けることにします。
f0126823_14401671.jpg

灰皿を引き抜いてはずします。
f0126823_1443324.jpg

はずした灰皿を加工しやすいように灰皿とカバーに分解します。
f0126823_1443471.jpg

灰皿部分にETCが入るように穴を開けます。(結構時間がかかりました)
f0126823_14454736.jpg

次にトルクスドライバーで、灰皿を取り付ける本体もはずします。
f0126823_1446217.jpg

灰皿本体がはずれました。(トルクスビス2本をはずすだけで取れます)
f0126823_1447179.jpg

本体にもETCが入るように穴を開けます。(これもけっこう時間がかかりました)
f0126823_1448435.jpg

本体を元通りに取り付け配線を通してETCと接続します。
f0126823_15445159.jpg

配線が終わったので灰皿を元通りに組み付けます。
f0126823_1546149.jpg

これでETCが灰皿の中に納まりました。
f0126823_14522183.jpg

灰皿のふたを閉める時はECTを少し奥に差し込みます。
f0126823_14533247.jpg

これでETCを使わない時はふたを閉めるとETCは灰皿の中に入ってしまうので
外からは見えません、これで使い勝手もよくなり、外からはETCが見えないので
すっきりしました。

ETCのアンテナはワイパー下のパネル内側に置いていますが、これはまた次の機会に
ブログにUPしたいと思います。

[PR]

by low-tomy | 2007-09-23 16:25 | カングー整備&モディファイ
2007年 07月 21日

フォグライトが点灯しない

一月ほど前からどうもフォグライトが点灯しないので、おかしいなと思って先日点検したところ
フォグライトの取り付け端子が溶けて接触不良を起こしていました。

最初は左右どちらも点灯しないので、ヒューズが切れたのかと思って、ヒューズボックスを
あけてみましたがヒューズは切れていませんでした。

もしかして接触不良かと思いフォグの配線をはずしたところ、端子が溶けていました。
球を入れるプラスチック端子とボディから出ているワイヤー端子の両方が溶けていました。

車体の底についているカバーをはずしてフォグライトの裏から球と端子をはずします。
f0126823_19243025.jpg

車体側のワイヤーハーネスのコネクターが溶けています。
f0126823_19274493.jpg

球の付いているプラッスチック側も溶けています。
f0126823_19303387.jpg

早速ルノーサテライトサービス岸和田に持って行き説明して溶けている事を確認してもらい
クレームで交換してもらう事になりました。カングーでは結構この接触不良があるそうです。

ついでにラジエターのアッパーホースから少し冷却水が漏れていたので、ホースの
バンドも交換してもらえる事になりました。

今日、ルノーサテライトサービス岸和田で無事に交換作業は終わり、フォグライトも
ちゃんと点灯するようになりました。ラジエターのアッパーホースからの水漏れも
最初はホースバンドだけ交換と言っていたものがホースも交換してくれました。

交換してもらったアッパーホースとホースバンド
f0126823_20301270.jpg

場所は違いますがカシメタイプのホースバンドの写真です
f0126823_20303750.jpg

ホースバンドは最初のカシメるタイプからねじ込んで止めるタイプに交換でした
これで冷却水の漏れも止まってバッチリです。
ルノーサテライトサービス岸和田のメカニックさんありがとうございました。
[PR]

by low-tomy | 2007-07-21 19:47 | カングー整備&モディファイ
2007年 05月 20日

カングーのリアブレーキの調整をしました。

今日は、カングーのリアブレーキシューの調整をしました。

今日は、以前から気になっていたサイドブレーキの調整をしようと、S改7さんのガレージに
お邪魔したら、サイドブレーキより、リアブレーキのシューの調整をやろうと言う事になって
南大阪軍団の党首ことS改7さんに指導してもらって、カングーのリアシューの調整をしてみました。

車をジャキアップしてタイヤをはずします。(インパクトガンでタイヤをはずすS改7さん)
f0126823_21272399.jpg

ナットのふた(センターキャップ)をドライバーでこじってはずします。
f0126823_21282828.jpg

ふたがはずれました。
f0126823_21285426.jpg

ドラムを止めているナットをはずします。
f0126823_21291670.jpg

f0126823_21294681.jpg

ナットがはずれたら、ドラムを抜きます。
f0126823_21301775.jpg

ドラムがはずれました。
f0126823_2130443.jpg

指で示している赤○の中がブレーキのABSセンサーです
f0126823_2142117.jpg

ドラムの中にもABS用のギアがあります。ギアが回って先ほどのセンサーで検出します。
f0126823_2132899.jpg

ドラムをはずしたついでに、エアーを吹いて掃除します。シューの粉が飛び散ります。
f0126823_21322942.jpg

写真が見にくいですが、赤○の中のギアを回してシューのクリアランスを調整します。
f0126823_21325152.jpg

調整が終わったら、ドラムを元通り組み付けます。
f0126823_2134128.jpg

リアショックはカヤバ製が付いていました。
f0126823_21343689.jpg

最後にトルクレンチでタイヤを組み付けて作業終了です。
f0126823_21345987.jpg

調整が終わって走行してみたところ、ブレーキの遊びが少なくなり、ブレーキングしやすく
なりました。サイドブレーキの遊びも格段に少なくなりました。大満足!!
S改7さん、今日はありがとうございました。来週もよろしくお願いします。
[PR]

by low-tomy | 2007-05-20 22:17 | カングー整備&モディファイ
2007年 04月 16日

小ネタ集その①

今回はカングーのモディファイの小ネタ集その①です

今回の小ネタは、①バックギアに入れるとブザーが鳴るようにバックブザーを付けました。
           ②ドアを開けると運転席と助手席の足元を照らすLED灯を付けました。
助手席側のサイドシェルの内側のプラッスチックカバーの中に配線があります。
f0126823_19425226.jpg

プラスチックカバーをこじってはずします。
f0126823_1943544.jpg

バックギアに入れます。(もちろんエンジンはかけずにIGをon状態)
f0126823_19432061.jpg

ブザー配線・・・・・バックに入っている時だけ通電する配線をテスターで探します。
足元灯配線・・・・・室内灯時に入っている配線をテスターで探します。
f0126823_19433586.jpg

通電する配線にブザーと足元灯の配線をタップで共締めします。
実はタップはあまり好きではないんですよ。(なんか確実に電源が取れない気がして)
このときは時間が無くてタップで済ませました。
f0126823_1944475.jpg

足元にブザーを引き回します。(友人からもらった軽四のバックブザー)
f0126823_19442958.jpg

ブザーが転がらないように、足元のパイプにタイラップで固定します。
f0126823_19444313.jpg

足元灯のLED(他の車用を流用)をブレーキペダルの上の辺にバンドで固定します。
f0126823_1945375.jpg

助手席側はダッシュボード下に両面テープで固定します。
f0126823_19451799.jpg

運転席側のLEDの点灯した状態 (写真では暗いですが肉眼では結構明るいです)
f0126823_19453145.jpg

助手席側のLEDの点灯した状態 (写真では暗いですが肉眼では結構明るいです)
f0126823_19454486.jpg

今回の小ネタは、別に無くてもいいんですが、有れば便利かなと思って付けてみました。

ルノー車のバックギアは、私の場合入れたつもりでローギアに入っている時がたまに
有るのでバックギアに入ったらブザーが鳴るのは、結構便利です。
[PR]

by low-tomy | 2007-04-16 20:29 | カングー整備&モディファイ
2007年 04月 12日

カングーのドアミラー交換その③最終回

カングーのドアミラー交換その③(ミラーの構造)です。

イギリスのネットオークションで購入して、取り付けたドアミラーのヒーターが効かないので
分解して中を見てみました。
ヒーターが付いてない~。 こりぁ~ヒーター効かんはずや!!

まず純正のドアミラーを分解します。
f0126823_23163678.jpg

ミラーの裏にヒーターの熱線と配線が来ています。
f0126823_2317614.jpg

ミラーを動かすモーター部分。
f0126823_23171897.jpg


ネットで購入したドアミラーを分解します。
モーターの部品は純正と同じメーカー製でした。ヒーター用の配線は付いてました。
f0126823_23142186.jpg

ミラー部分にヒーターの熱線はありませんでした。
そらヒーター効かんはずですわ、ヒーター付いてないんやもん。
f0126823_23143959.jpg

ドアミラーを交換した感想ですが、ミラー面が広くて、純正より断然見やすいです。
純正よりかなり左にオフセットしているので、左に出っ張っていたミラーが気にしなくて
良いようになりました。私的には大正解です!!

ルノーのディーラーにカングーを乗っていったところ、このドアミラーはカングーの四駆用
かも知れないと言ってました。
[PR]

by low-tomy | 2007-04-12 23:26 | カングー整備&モディファイ
2007年 04月 12日

カングーのドアミラー交換その②

カングーのドアミラー交換その②です。

左はずした純正ドアミラー、右購入したドアミラー
右の今回購入したドアミラーはミラーが上下に広くて見やすいです。
f0126823_22465155.jpg

購入した新しいドアミラーを取り付けます。純正はタッピングビスで止まっていたのですが
購入したドアミラーは8ミリのナットで止めるタイプです。
f0126823_2247224.jpg

8ミリのナットでミラーを止めて配線のコネクターを差し込みます。
この時コネクターの向きを合わせます(純正と上下反対になってました)
f0126823_22474191.jpg

ぴったり取り付きました 当たり前ですが(笑)
f0126823_2248372.jpg

イギリスの右ハンドル用のドアミラーで、左側のミラーは結構左側にオフセットしています
f0126823_22485198.jpg

カングーのドアミラー交換その③(ミラーの構造)に続く
[PR]

by low-tomy | 2007-04-12 23:03 | カングー整備&モディファイ
2007年 04月 12日

カングーのドアミラー交換その①

今回は二年ほど前に行った、カングーのドアミラー交換を三回に分けてUPします。

カングーは左のドアミラーが結構飛び出していて、狭い道ですれ違う時に結構気になります。
気をつけているのですが、何度かこすりました。

なにか良い物はないかと思っていたら、イギリスのネットオークションでカングー用の
電動でヒーター付きの物を見つけたので、英語の堪能な党首のS改7さんにお願いして
取り寄せてもらいました。

後でわかったことですが送られてきたドアミラーは配線は来ているものの、ヒーターは
付いていませんでした。

送られてきた箱です
f0126823_21473858.jpg

箱を開けて中身を確かめます(左用のミラー)
f0126823_21475335.jpg

右ハンドル用なので、純正に比べて結構左にオフセットしています
f0126823_221299.jpg

まず最初に内側のカバーをはずします。(手で内側に引っ張るだけ)
f0126823_21511238.jpg

はずしたカバー
f0126823_21521041.jpg

配線のコネクターをはずします。
f0126823_2251432.jpg

ミラーを止めている8ミリのタッピングビス、三本をはずします。
f0126823_2261599.jpg

これで左のミラーが外れました。
f0126823_227647.jpg

カングーのドアミラー交換その②に続く
[PR]

by low-tomy | 2007-04-12 22:31 | カングー整備&モディファイ
2007年 03月 31日

リコールのイグニッションコイル交換に行ってきました。

今日、ルノーから来ていたダイレクトイグニッションコイルの交換に行ってきました。

ルノーサテライト岸和田店でダイレクトイグニッションコイルの交換をしてもらいました。
交換する部品の写真
f0126823_17263960.jpg

交換前のヘッドの写真
f0126823_17265922.jpg

上がリコールのダイレクトイグニッションコイル写真(フランスのサゲム社製)
下が交換する対作品のダイレクトイグニッションコイル写真(ドイツのベル社製)
f0126823_17275233.jpg
f0126823_17285545.jpg

f0126823_1729717.jpg

両方の部品を手に持ってみると重さが違うので計ってみました。
サゲム社製は210グラム。
f0126823_17301184.jpg

ベル社製は250グラムで40グラム重いです。
f0126823_17304365.jpg

交換後のヘッドの写真
f0126823_17315743.jpg

ベル製はサゲム製に比べてしっかりした作りのように感じました。
交換後乗ってみたところ、特に性能に差は感じませんでした。
単なる耐久性の違いだと思われます。
[PR]

by low-tomy | 2007-03-31 17:41 | カングー整備&モディファイ
2007年 03月 28日

カングーの足回りの強化その②(ロアーバー)

一年ほど前にカングーの足回りの強化としてサブフレームの二枚重ねをしましたが
それに続いてロアーアームの製作を行いました。

以下の記事は昨年ルノー南大阪の掲示板やワッキーさんのBBSメカニカに投稿済みの
記事なのですが自分のブログで発表してなかった(当時はブログしてません)ので今回
発表します。

以前からルノーつながりでお世話になっているワッキーさんや、その他の知人から
足回りの強化としてロアーバーの事を聞き作ってみました。

このような足回りの強化目的のバーは各社から色んなタイプの製品が出ていますが
カングー用が無いのと、そんなに強化する必要もないと思われるので、普通の鉄の板
でいいだろうという事でホームセンターで購入しました。

厚み4.5㎜、 幅38㎜、長さ910㎜の鉄製のひら板を購入(1,000円ぐらいです)
その板にボール盤で穴を開けます。
f0126823_2157326.jpg

f0126823_21574735.jpg

穴が開いたら面取り用のドリルで穴の面取りをします。
f0126823_215855.jpg

穴の位置がずれていないか、サブフレームのボルトの位置とあわせて確認します。
f0126823_2158254.jpg

余分な長さの部分をコンターで切り落とします。
f0126823_21584585.jpg

端の部分をベルトサンダーで角を落として綺麗に整形します。
f0126823_2159794.jpg

出来上がったバーの油分を脱脂して、錆止めをスプレーして乾かします。
しかし汚いガレージです(笑) その後整理整頓して綺麗になりました。
f0126823_21592420.jpg

錆止めが乾いたら組み付けます。サブフレームとサブフレームをつなぐ形で
サブフレームのボルトで止めます。この時ミッションのリンケージに干渉しないように
カラーを入れて止めます(厚み約1,5cm バイク用のカラー)
f0126823_21594137.jpg

バーの製作は1時間ほどで完成したのですが、錆止をスプレーして、乾かすのと
ちょうど良い大きさのカラーを探すのに時間がかかりました。

装着して走行したところ、ハンドリングがかなりシャープになり、ステアリングの
インフォメーションも良くなりました。フロントが硬くなった感じです。
カングーのまったり感が少なくなりましたが、もともと硬いのは好きですので、
自分では良い感じです。(サブフレーム二枚重ね+ロアーバー仕様)

注意 この記事を参考にして、ご自分で作業をされる場合は、あくまでも自己責任で
    してください。 当方は一切責任は取れません。

[PR]

by low-tomy | 2007-03-28 23:00 | カングー整備&モディファイ