カテゴリ:二輪車( 3 )


2008年 09月 01日

スクーターのフューエルオート交換

久しぶりの2輪ネタです。

最近通勤に使っているスクーターのエンジンの
かかりが悪く、どうも燃料( ガソリン )がちゃんと
来ていないようなんです。
そこで今日はフューエルオートの交換作業を行いました。

フューエルオート交換といってもわかりにくいと思いますが、
2ストのスクーターに付いている燃料コックのことなんです。
f0126823_14571618.jpg

2ストのスクーターには通常の燃料コックではなく、
負圧を利用してガソリンを送る燃料コックが付いています。

よーするにピストンが上下する事によって発生する負圧を利用して
燃料を送るわけです。キャブと一緒ですね。
ですからバイクの燃料コックに普通付いているガソリンの
ON 、OFFの切り替えコックはついていません。

スクーターの整備はメチャクチャ面倒です。
カウル類を外さなければ何も部品交換ができません。
f0126823_151525.jpg

まずはシートを外します。
f0126823_1512098.jpg

次にヘルメットや物を入れる部分を外します。
f0126823_1513566.jpg

そしてサイドカバーも外します。
f0126823_1514874.jpg

f0126823_152513.jpg

最後にステップを外して、ようやく目的の部品が
交換できるようになりました。
f0126823_1522068.jpg

f0126823_15151247.jpg

この部品を今回は程度の良い中古部品と交換しました。
分解した写真は撮り忘れましたが
中には燃料を送るゴム製のダイヤフラムが入っています。
f0126823_15205142.jpg

部品の交換後はエンジンのかかりも良くなりました。
やっぱりこの部品がかかりの悪い原因のようです。
明日からは一発でエンジンがかかって仕事に行けると思います。

おまけネタです。
前回チャンバーを取り付ける排気ポートの一か所が折れていたのを、
自分で溶接して付けたのですが、私の下手な溶接でも今のところ
折れずに、もっているようです(笑)
f0126823_15433333.jpg

[PR]

by low-tomy | 2008-09-01 15:31 | 二輪車
2008年 08月 03日

モトコンポで走ろう

モトコンポってバイクを御存じでしょうか、知ってる人は知ってる
知らない人は全く知らない昔のバイクっていうかスクターなんです

1981年 にホンダから発売された4輪車に搭載可能な折りたたみ
機構を備えたトランクバイク、乗用車のシティと同時に発売された
小型のスクーターなんですね。
f0126823_17141023.jpgf0126823_17145374.jpg
当時のデーターは
エンジン種類 空冷2サイクル単気筒
排気量 49cm3
最高出力 2.5PS / 5,000rpm
車両重量 42kg
フレーム形式 バックボーン
サスペンション(前) テレスコピック (片方にスプリングがはいってるだけ)
サスペンション(後) ユニットスイング
ブレーキ(前)ドラム (後)ドラム
価格(当時) \80,000

でっ、私このモトコンポを持っているのですが、 そこは私のこと
ノーマルでは乗っていません(笑) 
だってノーマルは時速30キロしか出なくてめっちゃ遅いもん。
そこでフロントサスとエンジンを現代の? スクーターに交換して
乗ってます(ホンダDIO50cc 6,5馬力)
元の馬力が2,4馬力なので出力は2.6倍がっていますし
ホイールベースが短いので、すぐウイリーする危険な乗り物
です(笑)
f0126823_17195054.jpg

このモトコンホの改造を紹介するのは、またの機会にしますが、
長いこと乗ってなかったので、エンジンがかかりません。
そこで今日は乗れるように整備をしました。

外装のカウルを外して整備します (めっちゃきたな~い)
f0126823_17242489.jpg

プラグには火花がちゃんと飛んでいたので、
たぶんキャブレターの詰まりだと思われます。
そこでキャブを外して清掃します。
f0126823_17272657.jpg

まずスロットルケーブルをバルブごと外します。
f0126823_17282240.jpg

キャブの内部はかなり汚れてました(写真がピンボケです)
f0126823_17294555.jpg

f0126823_17301679.jpg

今回はコンプレッサーのエアーは使わずに
油をとるクリーナーでキャブ内のジェットの詰まりを清掃
f0126823_17305114.jpg

キャブを元通りに組み付けたら無事にエンジンがかかりました。
f0126823_1732259.jpg

完成後ワークスと一緒に並べてみました。
f0126823_1746518.jpg

もう1台あるkwasaki KSRⅡ(80cc)も一緒に並べてみました。
f0126823_17492086.jpg

でっ、モトコンポで走ろうとタイトルに書いたんですけど
どこに走ったかと言いますと、ルノー岸和田なんです

先日から預けていたカングーの引き取りに行ったわけですね。
あいにくルノー岸和田での写真は撮り忘れましたけど、
このモトコンポだとリアのシートも倒さずに積めるんですわ。
f0126823_17573938.jpg
f0126823_17582142.jpg

という事でホンダシティに乗せるために発売されたモトコンポは
今はルノーカングーに乗ってるってわけです。
[PR]

by low-tomy | 2008-08-03 18:04 | 二輪車
2007年 04月 20日

通勤快速号の修理

通勤快速号の修理をしました。
ブログを始めてから初めてのバイクネタです。

カングー(四輪)とバイク(二輪)ジャイロキャノピー(三輪)合わせて9輪で
Q輪生活とシャレでブログを始めたのですが、春で暖かくなったので
バイクネタを書き込んだわけでは無いんです。
実は通勤に使っているバイク(スクーター)が故障してバイクネタになったわけなんです。

私の通勤快速号はHONDA DIOで、すべてもらい物(フレーム、エンジン等)で作りました。
自分でかなり改造してありまして。エンジンを50ccからリード90の90ccエンジンに改装して
二種登録してあり、フロントサスをDIO ZX用のサスに交換、ZX用のキャブに交換
バイク用のステップを付け、ライトをHID化してあります。そしてわざと大きな買い物カゴが
付いたオバちゃん仕様のDIOチェスト用の汚いカウルを付けています (笑)
この格好で若い子のスクーターをぶち抜くと気持ち良い~(悪趣味ですが)
加速重視の町乗り仕様で70キロまでの加速は結構早いです、最高速は80キロぐらいで
最高速重視のセッテッイングで90キロぐらいです(なにしろ相当古いエンジンですので)
f0126823_0124424.jpg

で、今回の故障なんですが、マフラー(2ストですので正確にはチャンバー)のステーが
折れてしまい、排気口のチャンバーの取り付け部の一部も折れてしまっていました。
じつはこのチャンバーも純正のチャンバーが腐ってしまったので、DIOのチャンバーを
加工して付けたのですが、私の溶接が悪かったのか振動で溶接が外れたようです。
しかも、空冷ファンのカバーまで溶けてしまいました。ま~溶接は二年持ちましたが。
f0126823_22214788.jpg

エンジン部分のカバーをはずしたところ(スクーターのカバーをはずすのは結構大変です)
f0126823_22271531.jpg

排気口のチャンバー取り付けボルトの左側が折れています。
f0126823_2228355.jpg

半自動の溶接機で溶接します(溶接用の部材の針金が自動的に出てきます)
f0126823_223677.jpg

排気口部分の溶接(相変わらず汚い溶接です。なんせ素人なもんで!)
f0126823_223712.jpg

チャンバーのステーの溶接(今度は何年もつのか?)
f0126823_22383640.jpg

溶接が終わったら耐熱のブラック塗量でチャンバーを塗ります。
f0126823_2239239.jpg

排気口に液体ガスケットを塗り新品のガスケット付けチャンバーを取り付けます
f0126823_916449.jpg

最後に元通りにカウルをつけて完成です。
f0126823_22402333.jpg

エンジンをかけて排気漏れや、どこか干渉しているところが無いか確認して修理完了です。
エンジンをかけて走行してみたところ、今まで通り走ったのでほっとしました。
[PR]

by low-tomy | 2007-04-20 22:57 | 二輪車