<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 25日

八月のCDM

昨日は毎月定例のCDM(朝のお茶会)でした。

開催場所の珈琲館の駐車場に着くと見慣れた
ルーテシアと見慣れないメガーヌが止まっていました。

ルーテシアは団長の車やけど、メガーヌはだれじゃろな?
と思って店内に入ったら、いつもは赤カングーに乗ってこられる
だちびーさんでした。数日前からカングーは入院中でメガーヌが
台車だそうです、ちょっとうらやましいです

今回は帰省中のしいさんも参加していただき
軍団一期生のMのさんも久々に参加してくれました。
f0126823_20413311.jpg

そうこうしているうちにこんな帽子をかぶった方が
来られました。そうです帽子マニアのズンズンさん登場です。
f0126823_20424597.jpg

話も弾み楽しく過ごしているところへ
メカブさんが若旦那のジョー君を連れて登場でした。         
f0126823_2044120.jpg
f0126823_2044164.jpg
        解散前にしいさんから携帯電話型のサブレをお土産に
いただきました。
f0126823_20455072.jpg

f0126823_20501787.jpg
f0126823_2046195.jpg

ベルさんからもチョコレートの饅頭とCDをもらいました。
f0126823_2047762.jpg

そしてワークスのパワーアップ用に秘密兵器も。                   
f0126823_20473474.jpg

解散前はいつもの集合写真を撮影です。
f0126823_20551290.jpg
f0126823_20552352.jpg

               
解散後はベルさん、しいさん、田吾作さんと私は
お昼御飯を食べに移動して、その後ベルさんと私は
ルノー岸和田までベルさんのフランソア号の点検に行く事に。

その後は藤井寺の工具屋さんに行ってから、ベルさんと
別れて夕方にやっと家に帰ってきました。この日は1日中
カングーで出ずっぱりでした。

今回の記事はmixiの使い回しでした、すいません(笑)
[PR]

by low-tomy | 2008-08-25 20:58 | CDM
2008年 08月 10日

カングーのFブレーキの追加整備

前回カングーのFブレーキを新調しましたが、当日するつもり
だったのに、あまりの暑さに負けてできなかった整備を本日
しました。

整備といっても、たいそうな事ではなくて、ディスクローターの
さび止め対策なんです。

ローターを交換する時に、さび止めをしておけばよかったの
ですが、一週間もたつと、かなりローターにさびが付いています。
f0126823_15252076.jpg
f0126823_1526312.jpg

ワイヤーブラシでさびをこすって落とします。
f0126823_15261760.jpg

次にブレーキクリーナーで汚れを落とします。
f0126823_15263461.jpg

今回さび止めに使うジンクペイント(亜鉛です)
f0126823_15265517.jpg

パッドのかからない所が錆びるのでその場所にジンクペイントを
筆で塗ります。
f0126823_15271388.jpg

ローターの縁にも塗ります。
f0126823_15273338.jpg

これで完成です。
f0126823_1528728.jpg

f0126823_15275146.jpg

後はタイヤを付けて終了です。

これで100%さびが発生しないというわけでは、ないと思いますが
かなりの効果はあると思います。

皆さんも一度試してみてはどうでしょう。現在使用中のローター
でも結構いけると思いますよ。
[PR]

by low-tomy | 2008-08-10 15:55 | カングー整備&モディファイ
2008年 08月 09日

スロットルの配線

前回のブレーキ新調の作業前にカングーをディーラーに
預けていたと書きましたが、なぜ預けていたかと言いますと。

以前スロットルの不調でカプラーの接触不良が原因だった
わけですがそのさい、このカプラーは特にいらないので直結の
配線をしましょうとメカさんが言ってくれたので、先日作業を
していただきました。

工賃はいくらですかと聞いたら無料でさせてもらいますとの
事でしたので、それでは申し訳ないと思ったので、エンジン
オイルとエレメント交換と最近ステアリングが重いと感じる
事が多くなったのでパワステのオイルも交換していただきました。

この真中に写っているグリーン色のカブラーが
接触不良をおこしていました。
f0126823_2031457.jpg

ディーラーで直結配線をしてもらったところです。
カブラーがなくなって絶縁テープで巻いてあります。
f0126823_20355394.jpg

これではわからないのでテープをめくってみました。
一本づつ直結にして上から熱収縮チューブで絶縁していました。
f0126823_2036770.jpg

配線を元通りに絶縁テープで巻くのも能がないので
スリットチューブで配線を保護します。
f0126823_2047268.jpg

チューブに配線を入れて絶縁テープで固定します。
f0126823_20474016.jpg

最後に元の場所にタイラップで止めて終了です。
f0126823_20522078.jpg


エンジンオイルはニューテックのオイルを前から入れています。
f0126823_20551746.jpg

このオイルを入れてから純正指定のエルフのオイルよりエンジンが
スムーズに回るような気がします。 単にオイルが新しくなった
からそういう気がするだけかも知れませんが(笑)

パワステオイルの交換ですが、これがオイルタンク。
f0126823_2154465.jpg

写真ではわかりづらいですが、オイルの色はもっと茶色が
濃かったのですが、かなり綺麗な色になりました。
f0126823_2155889.jpg

重さは低速でステアリングを切った時かなり軽くにりました。
[PR]

by low-tomy | 2008-08-09 21:25 | カングー整備&モディファイ
2008年 08月 04日

カングーのFブレーキ新調です

昨日ルノー岸和田から戻ってきたカングーのブレーキを
新調しました。

そうです、ヤフオクで買っておいたディスクローターとパッドを
交換したんですね~。
f0126823_1502997.jpg
f0126823_1504250.jpg

まずガレージジャッキで車を上げて馬をかまします。
f0126823_16463072.jpg

f0126823_152442.jpg

そしてタイヤを外してデスクローターが見えるようにします。
f0126823_1531255.jpg

f0126823_1532528.jpg

まずキャリパーをエアで掃除します。
この時かなり、ほこりが飛ぶので吸わないように注意です。
f0126823_15101014.jpg

次にパッドを外すためキャリパーを上にあげます
下側の13ミリのボルトを外します。
f0126823_15102487.jpg

ボルトが外れたらキャリパーを上に上げて、ディスク側に
付いている古いパッドを外します。
f0126823_15103847.jpg

上が新品のパッドで下が外した古いパッドです
表側、裏側とも、バッドの残りの厚みは約3ミリでした。
新品のパッドの厚みは11ミリでした。
f0126823_15192469.jpg
f0126823_15193736.jpg

次にキャリパー本体を外します。
上下二本で止まっている18ミリのボルトを外します。
f0126823_15311478.jpg
f0126823_15312775.jpg

キャリパー本体が外れたら、次にディスクローターをはずすために
トルクスのボルト二本を外します。
f0126823_15314046.jpg

プラハンで裏から軽くたたくとディスクローターは外れました。
f0126823_15315211.jpg

左が新しいローターで右が外した古いローターです
古いローターは裏表とも約1ミリ減っていて計2ミリ減ってました。
新品が21ミリで使用限界が17,7ミリなのでまだ少し使えますが
この際ディスクローターも新しいのに交換します。
f0126823_1532594.jpg

新しいローターをはめ込み、トルクスのボルトを止めます。
この時、新しいローターに付いているさび止めの油をブレーキ
クリーナーで脱脂しておきます。これを忘れるとブレーキが効きませんよ。
so-ya!パパさんから聞いていたトルクスボルトの山が飛び出す
との件は私のローターではありませんでした。
f0126823_2262369.jpg

ドライブシャフトにブレーキのABSのセンサーが検知するための
ギアのようなギザギザが付いています
f0126823_1612781.jpg
f0126823_1613958.jpg

リアはブレーキドラムの中に付いてます。
f0126823_8255683.jpg

次にパッド組み付けるため、キャリパーのピストンを
奥まで戻します。
f0126823_1692877.jpg

そしてブレーキの鳴き防止のため、やすりでパッドの角を少し削ります
f0126823_1694769.jpg

これも鳴き防止のため、パッドに耐熱グリスを塗りこみます。
f0126823_161116.jpg

反対側も同じ作業を行って、最後に元通り組み付けて作業は完了。
後、ブレーキを数回踏み込んでディスクとパッドのクリアランスを
元に戻しておかないとブレーキを踏んだ時に効かないので注意です。

早速走ってみました、ブレーキを少し踏みながらの走行をして
あたりを付けます、ほんとは高速道路で焼き入れをしたほうが
良いと思いますが時間もないのでほどほどですませました。

いや~新品のブレーキはよく効きますね~。
踏んだ時の感触も良いし、よく止まりますわ。
今日はめっちゃ暑かったのですが、なんとかやり終えました。

ご注意 ブレーキは重要保安部品です。
このブログを参考にして、ご自分でブレーキの作業をされて、
怪我や事故が起こっても私は一切の責任はとれません。

もし作業をするのであれば必ず自分自身の全責任で行ってください。

[PR]

by low-tomy | 2008-08-04 16:43 | カングー整備&モディファイ
2008年 08月 03日

モトコンポで走ろう

モトコンポってバイクを御存じでしょうか、知ってる人は知ってる
知らない人は全く知らない昔のバイクっていうかスクターなんです

1981年 にホンダから発売された4輪車に搭載可能な折りたたみ
機構を備えたトランクバイク、乗用車のシティと同時に発売された
小型のスクーターなんですね。
f0126823_17141023.jpgf0126823_17145374.jpg
当時のデーターは
エンジン種類 空冷2サイクル単気筒
排気量 49cm3
最高出力 2.5PS / 5,000rpm
車両重量 42kg
フレーム形式 バックボーン
サスペンション(前) テレスコピック (片方にスプリングがはいってるだけ)
サスペンション(後) ユニットスイング
ブレーキ(前)ドラム (後)ドラム
価格(当時) \80,000

でっ、私このモトコンポを持っているのですが、 そこは私のこと
ノーマルでは乗っていません(笑) 
だってノーマルは時速30キロしか出なくてめっちゃ遅いもん。
そこでフロントサスとエンジンを現代の? スクーターに交換して
乗ってます(ホンダDIO50cc 6,5馬力)
元の馬力が2,4馬力なので出力は2.6倍がっていますし
ホイールベースが短いので、すぐウイリーする危険な乗り物
です(笑)
f0126823_17195054.jpg

このモトコンホの改造を紹介するのは、またの機会にしますが、
長いこと乗ってなかったので、エンジンがかかりません。
そこで今日は乗れるように整備をしました。

外装のカウルを外して整備します (めっちゃきたな~い)
f0126823_17242489.jpg

プラグには火花がちゃんと飛んでいたので、
たぶんキャブレターの詰まりだと思われます。
そこでキャブを外して清掃します。
f0126823_17272657.jpg

まずスロットルケーブルをバルブごと外します。
f0126823_17282240.jpg

キャブの内部はかなり汚れてました(写真がピンボケです)
f0126823_17294555.jpg

f0126823_17301679.jpg

今回はコンプレッサーのエアーは使わずに
油をとるクリーナーでキャブ内のジェットの詰まりを清掃
f0126823_17305114.jpg

キャブを元通りに組み付けたら無事にエンジンがかかりました。
f0126823_1732259.jpg

完成後ワークスと一緒に並べてみました。
f0126823_1746518.jpg

もう1台あるkwasaki KSRⅡ(80cc)も一緒に並べてみました。
f0126823_17492086.jpg

でっ、モトコンポで走ろうとタイトルに書いたんですけど
どこに走ったかと言いますと、ルノー岸和田なんです

先日から預けていたカングーの引き取りに行ったわけですね。
あいにくルノー岸和田での写真は撮り忘れましたけど、
このモトコンポだとリアのシートも倒さずに積めるんですわ。
f0126823_17573938.jpg
f0126823_17582142.jpg

という事でホンダシティに乗せるために発売されたモトコンポは
今はルノーカングーに乗ってるってわけです。
[PR]

by low-tomy | 2008-08-03 18:04 | 二輪車