<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 13日

ジャイロキャノピー(三輪車)の整備

今までネタはありながら、なかなかUPする機会がなくて
三輪車の記事を書いてなかったのですが、今回やっとUPです。
内容は約一年ほど前の作業です。

うちの三輪車ホンダジャイロキャノピーです。
はい、ピザの配達などでおなじみの車ですね。
f0126823_2248467.jpg

フロントブレーキは本来ドラムなんですが、自分でディスクに
改造して付けています。それ以外は今のところノーマルです。
f0126823_2249094.jpg

買えば50万円くらいするのですが、動かないからいらない
と言うお弁当屋さんから菓子折り一つでいただいてきました。
ジャイロxという屋根のないのもいただきました。

不動車なので自分で動くように直したのですが、部品の購入なんかで
結構かかりましたが一応動くようになりました。
 
それから二年ほど乗って無かったのですが、乗ろうと思って
エンジンをかけると動きません。いろいろ調べてみると、
原因はオイルポンプのシールの故障で、2サイクルのオイルが
全部クランク室に落ちてしまって、ウオーターハンマーならぬ
オイルハンマーになってしまい、クラッキングしません。

オイルポンプ内のシールなので、シール単体の部品が出ないので
結局ポンプを新品に交換する事になりました。

オイルポンプを交換する作業は大変で、あっちこっちの部品を
外さないと交換作業ができません。

とりあえずエンジンの周りに付いているカバー類を外します。
f0126823_23155192.jpg

次にタイヤを外すためにジャッキをかけます。
f0126823_23172439.jpg

タイヤを外した後はチャンバーを外します。
f0126823_23223524.jpg

チャンバーを外さないとオイルポンプの交換ができません
まずエキゾーストの取り付け部分を外します。
f0126823_23225517.jpg

チャンバーは2分割になっているので下側の接続部分も
外します。
f0126823_2323991.jpg

チャンバーが外れました。
f0126823_23294958.jpg

左が新品のオイルポンプ、右が外した古いポンプです。
f0126823_2333308.jpg

チャンバーの根元にあるポンプ取り付け部分に、新しいオイルポンプを
付けるのですが、その前に大事な作業をしなくてはなりません。

エンジンの中にたまっている2サイクルオイルを全部先に排出して
おかないといけません。
エンジン内部にガソリンを入れて洗い、灯油を入れるポンプで
全部吸い出します。
そして新しいポンプを押しこんで取り付け作業は完了です。
後はチャンバーを取り付けて、エンジンがかかるか確認です。

無事にエンジンがかかったので、外した部品を全部元通りに組み込んで
完成でした。
f0126823_2347246.jpg

これで雨の日でもお出かけできます(笑)
[PR]

by low-tomy | 2008-09-13 23:49 | 三輪車
2008年 09月 06日

CLIP愛車診断

今日ルノー岸和田でCLIP愛車診断というコンピューターでの
無料診断があったのでカングーの診断を受けてきました。

二、三日前からエアバックの警告灯が点いたり消えたり
していましたのでそれも見てもらいました。

案の定カブラーの接触不良でした。
接点を磨いてもらって組み直してもらいましたので、
さて、これで治ったらいいのですが。

そしてこんなんもらいました。
f0126823_22305074.jpg


カングーが中で浮いているアクアメモホルダーだ
そうです。

mixiの記事の使い回しですいません。
[PR]

by low-tomy | 2008-09-06 22:32 | カングー整備&モディファイ
2008年 09月 01日

スクーターのフューエルオート交換

久しぶりの2輪ネタです。

最近通勤に使っているスクーターのエンジンの
かかりが悪く、どうも燃料( ガソリン )がちゃんと
来ていないようなんです。
そこで今日はフューエルオートの交換作業を行いました。

フューエルオート交換といってもわかりにくいと思いますが、
2ストのスクーターに付いている燃料コックのことなんです。
f0126823_14571618.jpg

2ストのスクーターには通常の燃料コックではなく、
負圧を利用してガソリンを送る燃料コックが付いています。

よーするにピストンが上下する事によって発生する負圧を利用して
燃料を送るわけです。キャブと一緒ですね。
ですからバイクの燃料コックに普通付いているガソリンの
ON 、OFFの切り替えコックはついていません。

スクーターの整備はメチャクチャ面倒です。
カウル類を外さなければ何も部品交換ができません。
f0126823_151525.jpg

まずはシートを外します。
f0126823_1512098.jpg

次にヘルメットや物を入れる部分を外します。
f0126823_1513566.jpg

そしてサイドカバーも外します。
f0126823_1514874.jpg

f0126823_152513.jpg

最後にステップを外して、ようやく目的の部品が
交換できるようになりました。
f0126823_1522068.jpg

f0126823_15151247.jpg

この部品を今回は程度の良い中古部品と交換しました。
分解した写真は撮り忘れましたが
中には燃料を送るゴム製のダイヤフラムが入っています。
f0126823_15205142.jpg

部品の交換後はエンジンのかかりも良くなりました。
やっぱりこの部品がかかりの悪い原因のようです。
明日からは一発でエンジンがかかって仕事に行けると思います。

おまけネタです。
前回チャンバーを取り付ける排気ポートの一か所が折れていたのを、
自分で溶接して付けたのですが、私の下手な溶接でも今のところ
折れずに、もっているようです(笑)
f0126823_15433333.jpg

[PR]

by low-tomy | 2008-09-01 15:31 | 二輪車