2008年 08月 10日

カングーのFブレーキの追加整備

前回カングーのFブレーキを新調しましたが、当日するつもり
だったのに、あまりの暑さに負けてできなかった整備を本日
しました。

整備といっても、たいそうな事ではなくて、ディスクローターの
さび止め対策なんです。

ローターを交換する時に、さび止めをしておけばよかったの
ですが、一週間もたつと、かなりローターにさびが付いています。
f0126823_15252076.jpg
f0126823_1526312.jpg

ワイヤーブラシでさびをこすって落とします。
f0126823_15261760.jpg

次にブレーキクリーナーで汚れを落とします。
f0126823_15263461.jpg

今回さび止めに使うジンクペイント(亜鉛です)
f0126823_15265517.jpg

パッドのかからない所が錆びるのでその場所にジンクペイントを
筆で塗ります。
f0126823_15271388.jpg

ローターの縁にも塗ります。
f0126823_15273338.jpg

これで完成です。
f0126823_1528728.jpg

f0126823_15275146.jpg

後はタイヤを付けて終了です。

これで100%さびが発生しないというわけでは、ないと思いますが
かなりの効果はあると思います。

皆さんも一度試してみてはどうでしょう。現在使用中のローター
でも結構いけると思いますよ。
[PR]

# by low-tomy | 2008-08-10 15:55 | カングー整備&モディファイ
2008年 08月 09日

スロットルの配線

前回のブレーキ新調の作業前にカングーをディーラーに
預けていたと書きましたが、なぜ預けていたかと言いますと。

以前スロットルの不調でカプラーの接触不良が原因だった
わけですがそのさい、このカプラーは特にいらないので直結の
配線をしましょうとメカさんが言ってくれたので、先日作業を
していただきました。

工賃はいくらですかと聞いたら無料でさせてもらいますとの
事でしたので、それでは申し訳ないと思ったので、エンジン
オイルとエレメント交換と最近ステアリングが重いと感じる
事が多くなったのでパワステのオイルも交換していただきました。

この真中に写っているグリーン色のカブラーが
接触不良をおこしていました。
f0126823_2031457.jpg

ディーラーで直結配線をしてもらったところです。
カブラーがなくなって絶縁テープで巻いてあります。
f0126823_20355394.jpg

これではわからないのでテープをめくってみました。
一本づつ直結にして上から熱収縮チューブで絶縁していました。
f0126823_2036770.jpg

配線を元通りに絶縁テープで巻くのも能がないので
スリットチューブで配線を保護します。
f0126823_2047268.jpg

チューブに配線を入れて絶縁テープで固定します。
f0126823_20474016.jpg

最後に元の場所にタイラップで止めて終了です。
f0126823_20522078.jpg


エンジンオイルはニューテックのオイルを前から入れています。
f0126823_20551746.jpg

このオイルを入れてから純正指定のエルフのオイルよりエンジンが
スムーズに回るような気がします。 単にオイルが新しくなった
からそういう気がするだけかも知れませんが(笑)

パワステオイルの交換ですが、これがオイルタンク。
f0126823_2154465.jpg

写真ではわかりづらいですが、オイルの色はもっと茶色が
濃かったのですが、かなり綺麗な色になりました。
f0126823_2155889.jpg

重さは低速でステアリングを切った時かなり軽くにりました。
[PR]

# by low-tomy | 2008-08-09 21:25 | カングー整備&モディファイ
2008年 08月 04日

カングーのFブレーキ新調です

昨日ルノー岸和田から戻ってきたカングーのブレーキを
新調しました。

そうです、ヤフオクで買っておいたディスクローターとパッドを
交換したんですね~。
f0126823_1502997.jpg
f0126823_1504250.jpg

まずガレージジャッキで車を上げて馬をかまします。
f0126823_16463072.jpg

f0126823_152442.jpg

そしてタイヤを外してデスクローターが見えるようにします。
f0126823_1531255.jpg

f0126823_1532528.jpg

まずキャリパーをエアで掃除します。
この時かなり、ほこりが飛ぶので吸わないように注意です。
f0126823_15101014.jpg

次にパッドを外すためキャリパーを上にあげます
下側の13ミリのボルトを外します。
f0126823_15102487.jpg

ボルトが外れたらキャリパーを上に上げて、ディスク側に
付いている古いパッドを外します。
f0126823_15103847.jpg

上が新品のパッドで下が外した古いパッドです
表側、裏側とも、バッドの残りの厚みは約3ミリでした。
新品のパッドの厚みは11ミリでした。
f0126823_15192469.jpg
f0126823_15193736.jpg

次にキャリパー本体を外します。
上下二本で止まっている18ミリのボルトを外します。
f0126823_15311478.jpg
f0126823_15312775.jpg

キャリパー本体が外れたら、次にディスクローターをはずすために
トルクスのボルト二本を外します。
f0126823_15314046.jpg

プラハンで裏から軽くたたくとディスクローターは外れました。
f0126823_15315211.jpg

左が新しいローターで右が外した古いローターです
古いローターは裏表とも約1ミリ減っていて計2ミリ減ってました。
新品が21ミリで使用限界が17,7ミリなのでまだ少し使えますが
この際ディスクローターも新しいのに交換します。
f0126823_1532594.jpg

新しいローターをはめ込み、トルクスのボルトを止めます。
この時、新しいローターに付いているさび止めの油をブレーキ
クリーナーで脱脂しておきます。これを忘れるとブレーキが効きませんよ。
so-ya!パパさんから聞いていたトルクスボルトの山が飛び出す
との件は私のローターではありませんでした。
f0126823_2262369.jpg

ドライブシャフトにブレーキのABSのセンサーが検知するための
ギアのようなギザギザが付いています
f0126823_1612781.jpg
f0126823_1613958.jpg

リアはブレーキドラムの中に付いてます。
f0126823_8255683.jpg

次にパッド組み付けるため、キャリパーのピストンを
奥まで戻します。
f0126823_1692877.jpg

そしてブレーキの鳴き防止のため、やすりでパッドの角を少し削ります
f0126823_1694769.jpg

これも鳴き防止のため、パッドに耐熱グリスを塗りこみます。
f0126823_161116.jpg

反対側も同じ作業を行って、最後に元通り組み付けて作業は完了。
後、ブレーキを数回踏み込んでディスクとパッドのクリアランスを
元に戻しておかないとブレーキを踏んだ時に効かないので注意です。

早速走ってみました、ブレーキを少し踏みながらの走行をして
あたりを付けます、ほんとは高速道路で焼き入れをしたほうが
良いと思いますが時間もないのでほどほどですませました。

いや~新品のブレーキはよく効きますね~。
踏んだ時の感触も良いし、よく止まりますわ。
今日はめっちゃ暑かったのですが、なんとかやり終えました。

ご注意 ブレーキは重要保安部品です。
このブログを参考にして、ご自分でブレーキの作業をされて、
怪我や事故が起こっても私は一切の責任はとれません。

もし作業をするのであれば必ず自分自身の全責任で行ってください。

[PR]

# by low-tomy | 2008-08-04 16:43 | カングー整備&モディファイ
2008年 08月 03日

モトコンポで走ろう

モトコンポってバイクを御存じでしょうか、知ってる人は知ってる
知らない人は全く知らない昔のバイクっていうかスクターなんです

1981年 にホンダから発売された4輪車に搭載可能な折りたたみ
機構を備えたトランクバイク、乗用車のシティと同時に発売された
小型のスクーターなんですね。
f0126823_17141023.jpgf0126823_17145374.jpg
当時のデーターは
エンジン種類 空冷2サイクル単気筒
排気量 49cm3
最高出力 2.5PS / 5,000rpm
車両重量 42kg
フレーム形式 バックボーン
サスペンション(前) テレスコピック (片方にスプリングがはいってるだけ)
サスペンション(後) ユニットスイング
ブレーキ(前)ドラム (後)ドラム
価格(当時) \80,000

でっ、私このモトコンポを持っているのですが、 そこは私のこと
ノーマルでは乗っていません(笑) 
だってノーマルは時速30キロしか出なくてめっちゃ遅いもん。
そこでフロントサスとエンジンを現代の? スクーターに交換して
乗ってます(ホンダDIO50cc 6,5馬力)
元の馬力が2,4馬力なので出力は2.6倍がっていますし
ホイールベースが短いので、すぐウイリーする危険な乗り物
です(笑)
f0126823_17195054.jpg

このモトコンホの改造を紹介するのは、またの機会にしますが、
長いこと乗ってなかったので、エンジンがかかりません。
そこで今日は乗れるように整備をしました。

外装のカウルを外して整備します (めっちゃきたな~い)
f0126823_17242489.jpg

プラグには火花がちゃんと飛んでいたので、
たぶんキャブレターの詰まりだと思われます。
そこでキャブを外して清掃します。
f0126823_17272657.jpg

まずスロットルケーブルをバルブごと外します。
f0126823_17282240.jpg

キャブの内部はかなり汚れてました(写真がピンボケです)
f0126823_17294555.jpg

f0126823_17301679.jpg

今回はコンプレッサーのエアーは使わずに
油をとるクリーナーでキャブ内のジェットの詰まりを清掃
f0126823_17305114.jpg

キャブを元通りに組み付けたら無事にエンジンがかかりました。
f0126823_1732259.jpg

完成後ワークスと一緒に並べてみました。
f0126823_1746518.jpg

もう1台あるkwasaki KSRⅡ(80cc)も一緒に並べてみました。
f0126823_17492086.jpg

でっ、モトコンポで走ろうとタイトルに書いたんですけど
どこに走ったかと言いますと、ルノー岸和田なんです

先日から預けていたカングーの引き取りに行ったわけですね。
あいにくルノー岸和田での写真は撮り忘れましたけど、
このモトコンポだとリアのシートも倒さずに積めるんですわ。
f0126823_17573938.jpg
f0126823_17582142.jpg

という事でホンダシティに乗せるために発売されたモトコンポは
今はルノーカングーに乗ってるってわけです。
[PR]

# by low-tomy | 2008-08-03 18:04 | 二輪車
2008年 07月 02日

足周りの再交換

最近の車いじりはアルトワークスばっかりですが、
今回もワークスの足回りを新しい物に交換しました。

以前ワゴンR用の足回りをワークスに移植したのですが
今回スズキスポーツの足回りが手に入ったので再交換です。

リア部分
今までもスズキスポーツのショックが付いていましたが、
f0126823_22163227.jpg

今回付けたのは減衰力の調整できるタイプです。
f0126823_22185236.jpg

8段階調整出来るダイヤルが付いています。
f0126823_22241646.jpg


フロント部分
今まで付いていたワゴンR用のフロントサス(左)
と今回交換するスズキスポーツのフロントサス(右)
f0126823_22214946.jpg

サスをスズキスポーツ用の物に取り換えて組み付けます。
f0126823_2229521.jpg

以前は減衰が調整できないサス(上)でしたが
今回のサスは8段階の減衰ができるサス(下)になりました
f0126823_2228586.jpg

f0126823_22282034.jpg

交換後は少ししか走行していませんが、以前より乗り心地が
良くなってショックが良く効いているようです。
[PR]

# by low-tomy | 2008-07-02 22:56 | アルトワークス
2008年 06月 09日

スロットルが効かない

久々にカングーに故障発生、スロットルが効きません。

私が走っていた時の事ではないのですが、子どもの乗っている
車を修理に出したので、私のカングーを貸したのですが
二週間の間にスロットルが効かないという事が二回ありました。

二回とも走行中のことで非常に怖い思いをしたそうです。
走っている途中でいきなり速度が落ちてアクセルをいくら
ふんでも加速せずアイドリングのままで加速しなかったとか。
それで今日ディーラーにもって行って点検してもらいました。

点検中に担当のpukaさんとこの秋に出る新型車の
話をした後こんなものをいただきました。
f0126823_15573099.jpg


点検したところスロットルポジションセンサー等の故障ではなく
アクセルとブレーキランプに繋がっている配線のコネクターが
接触不良を起していたとの事でした。
メカさんの話では何台かあったそうです。

接触不良を起こしたコネクターです。
f0126823_1550971.jpg

メカの人が点検してコネクターの黒ずんでいた端子を清掃して
組み付けてくれました。

この場所に付いています。
f0126823_15511214.jpg

メカさんいわく特に必要性のないコネクターで、なくても
いいそうで電子スロットルになる前の旧型の機械式スロットルの
配線を流用している部分なので、コネクターを廃止して直結に
したほうが接触不良が起こらないので、また故障するようなら
直結の業をやらせてもらいますとの事でした。

ようすを見て後日作業をしてもらう事ににりました。
[PR]

# by low-tomy | 2008-06-09 16:18 | カングー整備&モディファイ
2008年 06月 04日

点火系の強化

今日は点火系の強化という事で、某市販品のノ〇ジーに似た
物を自作してみました。

まずエンジンからプラグコードを外します。
f0126823_21483881.jpg

次に網線を通すためにデスビ側のキャップを外します
f0126823_21493481.jpg

そしてアースポイントまでの長さの網線を用意します。
f0126823_21554464.jpg

網線の中にコードが通るようにボールペンで穴を広げます。
f0126823_21555995.jpg

そしてプラグコードを網線の中に通して行きます。
f0126823_21561417.jpg

網線にコードが通ったら次に熱収縮チューブをかぶせます。
f0126823_215091.jpg

そしてヒートガンで温めてチューブを密着させて念のために
両端を絶縁テープで固定します。
f0126823_21502979.jpg

プラグコードを元通りにプラグにかぶせて網線に端子を付けます。
f0126823_21505022.jpg

端子が付いたらアースポイントにボルトで接続します。
f0126823_2151127.jpg

これで完成です。
f0126823_21512851.jpg

f0126823_21514284.jpg

どうでしょう、これで某市販品ノ〇ジーと同じようになりました。

で、この自作品をトミー爺(じい)と名付けたいと思います(笑)

早速走ってみましたが、?効いているのかどうか良く解りません。
なんとなく3000rpmぐらいからトルクが太っているような気も
しますが、なんとなく効いた気になっているだけかも(笑)

よって、もしこの記事を参考にして皆さんが自作される時はご自分ですべての責任をもって行ってください
当方はトラブルや事故が起こっても一切責任は持てません。

[PR]

# by low-tomy | 2008-06-04 22:35 | アルトワークス
2008年 06月 02日

ドライブシャフト交換とエバポレーター清掃

最近はカングーをいじる間もなく名阪走行会用のアルトラークス
ばっかりにかかりっきりで今日も今日とてワークスの整備でした。

午前中は足周りからの異音がするので、先週のCDMて゜
諏訪リンクスのサンダル男さんにワークスに試乗してもらった
ところ、ドライブシャフトかも知れないとご指摘していただいた
左側のシャフトの交換作業を行いました。

まずはホイールナットを緩めて。
f0126823_23204520.jpg

いつものようにホークリフトで車を持ち上げます。
f0126823_0272688.jpg

ストラットからハブを外して
f0126823_23271653.jpg

ドライブシャフトを引き抜きます。
f0126823_23273872.jpg

そして予備のドライブシャフトを挿入します。
f0126823_23291969.jpg

後は元通りに組み付けて作業は終了です。
この辺の作業は何度も行ってるのでなれたもんですわ(笑)

んで、ドライブシャフトを抜くとミッションのATFが
少し漏れるのでATFの量を確認します。
f0126823_23333217.jpg

ATFの量は基準値内だったのでOK。
早速走行してみると見事に異音は消えていました。
やっぱりサンダル男さんのご指摘の通り異音の原因は
左のドライブでした。

おかげさまで、これで走行会で安心して走れます。
サンダル男さんありがとうございました。

異音のしたドライブシャフトのブーツを外してみました。
f0126823_23434072.jpg

パブ側
f0126823_23411241.jpg

ミッション側
f0126823_23412964.jpg

パブ側のグリスの色が汚く見えますが、こちらは
モリブデングリスが入っているので黒っぽくなるようです。
傷が付いていたり焼けているのかと思いましたが
グリスを落としてないので良く解りませんでした。


さて昼からはエアコンの整備です。

先週エアコンのコンデンサーを交換したのでスズキの
ディーラーでガスを充填してもらったのですが、効きが
いま一つでS改7さんに相談するとエバポレーターが汚れて
いて風量が落ちて効きが悪いのではないかとのご指摘。

で、エバポレーターを掃除することにしました。
エバポレーターは助手席のグローブボックスの裏に
あるので作業が面倒です。

グローブボックスを外すと外気の切り替えの
ボックスがエバポレーターにかぶっているので外します。
f0126823_02388.jpg

f0126823_025611.jpg

中が見えないので、手で触るとかなり綿ぼこりが
付いているようなので掃除機でほこりを吸って、
エアーで吹いて最後は水を水道のホースで流します。
この時水が下にこぼれて来てあわてましたが、
すぐにタオルで拭き取りました。

見えないのでデジカメを奥に突っ込んで撮影
清掃後の様子、かなり綺麗になりました。
f0126823_0105973.jpg

外した外気切り替えのポックスも洗います。
f0126823_0185695.jpg

後は外したものを元通りに組み付けて終了です。
エアコンをつけてみると風量が増しているが
はっきりわかりました。やっぱりかなり詰まっていたようです。
さーこれで真夏でもエアコンは良く冷えてくれるのか(笑)
[PR]

# by low-tomy | 2008-06-02 00:23 | アルトワークス
2008年 05月 25日

今日のCDM

今日は毎月恒例の南大阪軍団のお茶会CDM。

最近のイベント疲れか、今日はベルさん、だちびーさん
私の3名のだけでだったのですが、最近はよくゲストの
方が飛び入り参加してくださいます。

で、本日は大阪市内で車を販売されている諏訪リンクスの
サンダル男こと高橋さんと、その美人秘書のリエさんが
CDMに参加してくださいました。

いつも名阪スポーツランドで行われている走行会を
主催されている方で皆さんご存じですね。

機会があればCDMに参加しますよと言っておられて
CDMの日程に合わせて、仕事をわざわざ近所に作って
くれての参加でした。
f0126823_21293726.jpg

最近の自転車の話やもちろん車の話も弾んで
今日も朝からお昼まで楽しい時間をすごせました。
f0126823_2127325.jpg

サンダル男さんには走行会用にセッティングしている
ワークスに乗ってもらって気になるところをチェックしてもらったり、
f0126823_21244512.jpg

ベルさんが諏訪リンクスの車に試乗させてもらったりでした。
f0126823_21263320.jpg

高橋さんリエさん、また都合がつけばいつでもCDMに
参加してくださいね。今日はありがとうございました。
[PR]

# by low-tomy | 2008-05-25 21:30 | CDM
2008年 05月 11日

エアコンフィルターの交換

カングーのエアコンフィルターの交換を行いました。

正式名はポーレンフィルター、ようするに花粉フィルターの
ことですね。値段は3900円でめっちゃ高いです。
(社外品を買えばよかったかな)
f0126823_18285166.jpg

で、交換作業なんですが、これがめちゃくちゃ
めんどくさいんです。

まずボンネットを開けます。
f0126823_18381962.jpg

そしてワイパーを外します。(ナットは13ミリ)
f0126823_18385055.jpg

ワイパーが外れました。
f0126823_1839784.jpg

左側のワイパーも外します。
f0126823_18394681.jpg

ブラスチック板上のゴムラバーを外して。
f0126823_18402752.jpg

横に付いているプラスチック板を左右二枚外します。
f0126823_21461262.jpg

そしてフロントガラスの前のプラスチック板を外します。
f0126823_18411729.jpg

コンデンサーの上の防水カバーを外します
トルクスのタッピングビス二本で止まっています。

私のカングーは外から見えないように、この場所にナビの
GPSアンテテナとETCのアンテナを設置しています。
(アンテナの感度は、まったく問題なしです)
f0126823_20574798.jpg

カバーが外れました。
f0126823_1842733.jpg

コンデンサー部分が見えました。
f0126823_18422937.jpg

フィルターカバーのビスを外します
5,5ミリのタッピング二本で止まっています。
f0126823_18424417.jpg

カバーをずらすとフィルターが見えました。
f0126823_1843026.jpg

フィルターを引っ張って取り出します。
f0126823_18432921.jpg

左が古いフィルターで右がもちろん新品です。
f0126823_18434798.jpg

外した古いフィルターにはDENSOの文字が。
f0126823_21242895.jpg

エアコンのコンデンサー部分です。
f0126823_1844571.jpg

新しいフィルターを組み込むんですが、フィルターには
内側外側の方向性があるので気をつけて組み込みます。
f0126823_18442495.jpg

フィルターを付けたら、すべてを元通り組み付けて作業完了です。
f0126823_22135647.jpg

外したフィルターは汚れてはいましたが、内側は白いところも
少しあって、完全に詰まっている感じではなかったです。
三年少しで24000キロほどしか走ってないからでしょうか。

カングーはルーテシアと違って、外すところが多くて作業は
めんどくさいですね。
[PR]

# by low-tomy | 2008-05-11 21:32 | カングー整備&モディファイ